緊急時110番通報システム

緊急時110番通報システムは、強盗や暴漢が現れるなどの異常事態が発生したときに警察機関(110番)へ自動的に通報するシステムです。

非常事態に落ち着いて110番へ通報することはとても難しいことです。 電話機で110番をダイヤルする場合と比べて、この110番通報システムは最優先での対応が確立されており、一分一秒を争う緊急時には大変有効な設備です。

システム導入前に審査があり、公共性の高い施設のみ設置が可能です。(こちらのサービスは愛知岐阜三重のみです。関東ではサービスを行っておりません。)

110番通報の流れ

110番通報の流れ

1. ボタンを押す

緊急事態発生時に110番通報システムの非常用ボタンを押すだけで自動的に動作を開始します。

2. 自動的に110番通報

あらかじめ録音しておいた建物名称や所在地など110番通報システムが設置された場所を各都道府県警察の通信指令室へ素早く110番通報します。

3. 警察官が急行

通報を受けた通信指令室から最寄りのパトカーや警察署・交番へ指令が発せられ、警察官が現場へ急行します。 同時に通信指令室から逆信電話(折り返しの確認電話)が入りますので、答えられる場合は落ち着いて状況説明をしてください。

緊急時110番通報システムの構成(運用イメージ)

緊急時110番通報システムの構成(運用イメージ)