遠隔監視

最近ではインターネットの発達によりパソコンはもちろん、スマートフォンやタブレット端末で離れた場所に設置された防犯カメラの映像を手元で確認できるようになりました。

管理者のいない遠隔地の施設などの防犯目的以外にも、小売店の来店者やスタッフ、工場のラインや作業者など、現場の管理をする目的で利用されてもいます。

遠隔監視の機能を持っているカメラやレコーダーもありますが、IP画像送信機を利用することにより、すでに設置されている防犯カメラシステムに後から遠隔監視の機能を追加することも可能です。

遠隔監視の例

以下の動画のように防犯カメラの映像を確認することができます。

モバイルルーターを使った遠隔監視

インターネットの固定回線が引けない場所で遠隔監視を行いたい場合でも、通信キャリアの提供エリア内ならモバイルルーターを使って遠隔監視が可能です。 短期間で遠隔監視をしたい場合や、遠隔監視をしたい場所が定期的に移動する場合などに有効です。

各通信キャリアにより契約年数などの制限があるため、詳細はお問い合わせください。

スマホ対応防犯カメラ

スマホ対応防犯カメラ

監視カメラを使い工場のラインの映像を出張先から見たり、支店の映像を本社で見たりと業務の中ではスマートフォンやタブレット端末は外せないツールとなってきています。

年々技術が発達し映像の画質は高く、機能も豊富になっています。

IP画像送信機

IP画像送信機

IP画像送信機を利用することでアナログカメラの映像をネットワークを通じて遠隔からパソコンはもちろん、携帯電話やスマートフォン、タブレット端末などでカメラの画像を確認することができます。 すでにお使いのアナログカメラが最新のモバイルカメラシステムに生まれ変わります。

IP画像送信機について(名古屋防犯カメラセンター)