防犯フィルム、面格子

物理的に不審者に侵入させないための設備もご案内ができます。

防犯フィルム

防犯フィルムは、強靭で透明度の高いPET(ポリエチレンテレフタレート)フィルムを何層にも重ねたもので、窓ガラスに貼り付けることによりガラスの安全性・機能性を高める設備です。

住宅への空き巣の侵入手段で最も多いものは「ガラス破り」によるもので、全体の60%以上の割合になります。 侵入に5分以上かかる建物の場合、半数以上が侵入を諦めるという統計結果が出ていることからも、防犯フィルムの有用性は証明されていると言えます。

防犯フィルムにはガラスが割れても飛び散らない飛散防止効果があるので、地震や台風などの自然災害時に割れたガラスによる二次災害を防ぎます。 また、赤外線をカットすることにより遮熱効果を高め省エネ効果があるフィルム、紫外線をカットすることで住人や家具の日焼け、色あせを防ぐ効果があるフィルムなどさまざまな特性をもつものがあります。

面格子

面格子とは窓やマンションの外階段などの開いたスペースからの侵入者を防ぐために設置する金属製の建材です。

優れた防犯性能を持つ防犯フィルムですが、最近ではバールを使って錠の付近のガラスをこじ開けられるなど、防犯フィルムだけでは防ぎきれない場面が増えています。 また、セキュリティは高めたいが夜には窓を開けて就寝したい、という理由から面格子を選択される場合もあります。

完全に固定設置するものや、開閉のできるアコーディオン式のものなどさまざまな種類があります。

マンションのセキュリティ強化

防犯設備士が防犯診断を行い、マンション全体のセキュリティ強化を行います。特にオートロックマンションにもかかわらず泥棒の被害にあってしまった場合は、防犯設計自体に問題があります。 隣接する建物なども考慮に入れ防犯に対し再度アプローチする必要があります。