防犯センサ、防犯コントローラ

防犯センサは人の存在を感知するセンサ、窓の開閉を監視するセンサなど監視する場所や目的に対しさまざまな種類のものが用意されています。 防犯コントローラは各防犯センサを管理し、防犯設備を作動させたり、管理責任者への通報を行います。

防犯センサ

代表的な防犯センサについて説明します。

熱線センサ(人感センサ)

トライウォッチャー,人感センサー

監視している空間内で動く人間を検知することができるセンサです。 屋内設置用や屋外設置用など用途に向けてさまざまな種類があり、新しい技術による誤報対策も充実し正確性も上がっています。

赤外線ビームセンサ

赤外線ビームセンサー

赤外線ビームセンサは投光器から目に見えない赤外線ビームが放射します。 侵入者などにより赤外線ビームが遮断されると、センサは警報出力を送出します。

マグネットセンサ

マグネットセンサー

ドアや窓の開閉を検知する侵入検知には欠かせないワイヤレスセンサーです。 取り付けられたマグネットセンサが窓やドアの開閉を検知し、防犯コントローラに検知信号を電波送信します。

ガラス破壊センサ

ガラス破壊センサ

ガラスが割れた時の固有振動を検知します。風による窓ガラスの振動やノック音では反応しないように調整されています。吐き出し窓などにはカールコード、フィックス窓にはストレートコードをお選びください。

放火監視センサ

放火監視センサ

放火監視センサは、煙やガスなどではなく炎自体をすばやく検出し、音声警報を発すると同時に警報出力を送出します。 放火、いたずらなど故意に火をつけた場合、また禁煙場所や火気厳禁場所など炎が発生してはならない場所において誤って火をつけてしまった場合などに音声警報で威嚇することもできます。

放火監視についてはこちら

防犯コントローラ

代表的な防犯コントローラについて説明します。防犯コントローラとはセンサーからの信号を受け、電話回線やインターネット回線を通じて別の場所に通報を行う装置です。

通報機能付セキュリティコントローラ

セキュリティコントローラ

接続された防犯センサによる信号を検知し、管理者への通報、侵入者に対する音声での威嚇などを行う装置です。

防犯センサだけでなく防犯カメラや電気錠などと組み合わせることで防犯効果も高まり、利用の幅が広がります。

ホームセキュリティシステム

ホームセキュリティ

一般のご家庭でも導入できるスマートさで利用しやすくデザインされた自主防犯システムのサービスです。 ホームセキュリティはスモールオフィス(従業員1~10名ほどの施設)やSOHOの方にも最適で、24時間さまざまな角度から安心・安全を提供します。

ホームセキュリティについて