放火監視システム

放火監視システムに使用する放火監視センサは、煙やガスなどではなく炎自体をすばやく検出し、音声警報を発すると同時に警報出力を送出します。 放火、いたずらなど故意に火をつけた場合、また禁煙場所や火気厳禁場所など炎が発生してはならない場所において誤って火をつけてしまった場合などに音声警報で威嚇することができます。

火災報知器との違い

一般的な火災報知器とは、熱や煙に反応してその施設内にある非常ベルを鳴動させるものを指します。 「放火監視」システムは熱や煙ではなく、火災の原因となるその炎をいち早く検知し、非常ベルの鳴動から複数の管理者の携帯電話への通報までも行うことができます。 いち早く火種を感知し、そのうえで報知も通信を行ってより多くの人に知らせることができるため、火災になった場合でも被害を最小限に抑える可能性が高くなります。