電気がなくても、インターネットがなくても
利用可能のソーラー防犯カメラ

電気工事不要・インターネット環境不要のソーラー防犯カメラ

弊社では電気工事不要・インターネットがなくても防犯カメラ・監視カメラが導入出来るソーラー防犯カメラをお取り扱いしております。
設置のためのポール建柱も可能ですので、導入までワンストップでお任せいただけます。

カメラ本体にソーラーパネル、内蔵式バッテリーを搭載し、太陽の光を電力に変換し、カメラに電力の供給を行うので電気が無い場所でも防犯カメラを使うことができ、更にカメラ内のSIMカードでインターネットが無い環境でもお持ちのスマートフォンで防犯カメラの映像を確認出来ます。

屋外での防犯カメラの需要は高く、街頭防犯カメラの他、各種施設の駐車場や野外施設など、様々な場所で防犯カメラは設置されています。
防犯カメラを使用するためには電力が必要となり、更に遠隔地での映像確認を希望の場合、インターネットが必要となります。
敷地内に電気が通っていれば問題ありませんが、例えば公園や屋外にある観光地、農地、山林など、電気工事がされておらず、防犯カメラ設置のために電気工事を行ったということをお聞きすることもしばしばあります。
ソーラー防犯カメラなら、電気がなくても自己で太陽光を電力に変えて動くので、電気工事のために予算がかかることもなく、コスト削減にもなります。

ソーラー防犯カメラの仕様

ソーラー防犯カメラの仕様

ソーラー防犯カメラは、カメラ本体にソーラーパネルと内蔵式バッテリーを搭載しています。
日中に太陽光を電力に変えチャージし、本体へ給電。

更にカメラ本体に内蔵したSIMを使ってデータの通信が可能。
専用のアプリをインストールすることでお手持ちのスマートフォンでカメラの映像が見られます。

ハイスペックなカメラで鮮明な映像を撮影可能です。

モデル
DS-2XS6A87G1-L/C32S80
カメラ
8 MP ColorVu
バッテリー
320 WH
ソーラーパネル
80 W
動作環境温度
-20 ~ 55℃
防塵・防水
IP67
データ通信
内蔵式4G (LTE-TDD/LTE-FDD/TDSCDMA/EVDO)

ソーラー防犯カメラはこんな方にお勧めです

農家


農家

農地の状況確認に / 農地への侵入者監視

畑、田んぼをされている方から、農作物や農機具の盗難防止で防犯カメラのご相談をいただくことはよくあります。
トラクターや耕運機など、1台の金額が高く、またセキュリティの手薄な場所に保管されていることが多いものは転売目的とされる盗難の対象になりやすく被害額も大きいため、事前に予防しておきたいところです。
農作物については、特に高級な品種が狙われやすい傾向にあるようですが、収穫間近の作物が盗まれた事例が過去に何件もあります。
生産者の方が天塩にかけて丁寧に育てた農作物が狙われるのは許せないことです。
こういった被害に遭わないためにも、防犯カメラの設置が有効です。

基本的に屋外に位置する畑、田んぼには電気が通っていないことも多くあります。
ソーラー防犯カメラなら、電気工事を行わずに防犯カメラを設置でき、お手持ちのスマートフォンから映像が見られるので手軽に農地の確認が出来ます。
例えば雨風の強い、農地の様子が気になるときにもマメに監視が出来ます。

農家の方にはこんなセキュリティも

TRINITY AI 人検知システム

防犯カメラに予め警戒エリアを設定し、そのエリア内に人が侵入するとLINEで通知をするシステム。
弊社以外で製造された防犯カメラにも設置可能なため、安価にAIによる人検知システムを導入できます。
TRINITY AI 人検知システムの詳細はこちら>

センサーライト

人や車に反応して点灯するセンサーライトは、農地の防犯としても有用です。
音にも反応するもの、長寿命なもの等様々なタイプがあります。

工場


農家

パイプライン等セキュリティが甘くなりがちな範囲をカバー / 電力網など、工場内の設備の稼働状況確認

多くの工場では防犯カメラが導入されており、製造工程の確認、万が一の時の記録として等様々な活用がされていますが、例えば石油・ガソリンなどを取り扱う現場では長距離に渡ってパイプラインが設置されていることがあります。
こういった広い敷地では、全体に電力が行き当たっていない場合が多く、工場敷地内の一部のセキュリティが弱くなっていることがあります。
防犯カメラの設置のために電気工事をすると予算がオーバーしてしまうという理由で防犯カメラの設置を断念されたというお話を聞くこともあります。
ソーラー防犯カメラがあれば、これまで電気が届かず防犯カメラがつけられなかった場所にもカメラを取り付け、防犯や設備の稼働状況確認に役立ちます。

工場にはこんなセキュリティも

TRINITY AI 人検知システム

防犯カメラに設定したエリア内へ人が侵入すると管理者へLINEでその瞬間の画像を送信し通知するAIカメラシステムは、工場でも有効です。
屋外以外にも、土日や夜間の工場内の防犯にも適しています。
TRINITY AI 人検知システムの詳細はこちら>

放火監視システム

工場では様々な設備・資材が置いてあります。
万が一火事が起きた時の被害は膨大なものです。
放火監視システムは煙やガスなどではなく炎そのものをいち早く検知し、音声警報を発すると同時に警報出力を送出します。
放火監視システムの詳細はこちら>

山林


農家

山菜などの盗難防止 / 不審者進入禁止 / 動物の出没状況確認

所有している山に不審者が入ってこないか心配、熊や猿などの動物が入っていないか気になるといった理由で防犯カメラを設置したいが、電源の確保が出来ないということでお悩みの方はよくいらっしゃいます。
山や林などの広い敷地となると、防犯カメラの設置方法や設置位置、必要台数でお悩みの方も。
防犯カメラを専門とするトリニティーではご予算に合わせた適切な設置位置、台数をご提案させて頂きます。

山林にはこんなセキュリティも

TRINITY AI 人検知システム

危険エリアや特別警戒したいエリアを設定し、その範囲に人の侵入があるとLINEで侵入を知らせます。
所有している土地でのトラブルを回避したい方に。
TRINITY AI 人検知システムの詳細はこちら>

ソーラー防犯カメラ施工可能地域

弊社から直接ソーラー防犯カメラの施工が可能な領域
現在、地域拡大中です。

関東圏
神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県
中部圏
愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・山梨県・長野県
中部圏でのソーラー防犯カメラ設置の詳細はこちら

※ 物理的に設置やメンテナンス訪問に支障をきたす建物・地域はお断りする場合がございます。

ソーラー防犯カメラに関するお問い合わせはこちら