YouTubeを使った定点カメラ映像のライブ配信(トリニティー・ライブ)

トリニティーライブは、観光地やテーマパーク、大規模商業施設などでご利用いただく、ユーチューブを使った定点カメラのライブ配信サービスです。屋外用の定点カメラの設置から配線工事、配信手続きからオーバーレイ(テロップ)の更新作業まで、全てを初期費用0円のレンタルサービスでご提供します。

トリニティー・ライブ

今までの定点カメラ映像配信サービスは機材や設置工事などに費用がかさみ、初期費用が高くなりがちでした。
また、カメラの故障時などにもその都度費用がかかるため、ランニングコストも心配な点でした。
弊社は、もともと防犯カメラのメーカーであり、設置工事会社ですので設置後の運用も安心しておまかせいただけます。

映像のライブ配信から産まれる様々な効果

弊社には年間3000件以上の防犯カメラに関するご相談が届きます。
サーフスポットでは「波の高さをライブ配信したい」というニーズや、観光地では「映像を配信して広告を入れたい」などというご相談は昔からありました。
コロナ禍になってからは「密」を避けるため、施設の混雑状況をライブ配信することで来客を分散化させる目的などでもご相談を頂いております。
弊社では、ユーチューブに定点カメラを自動配信するソフトウェアを自社開発したことにより、低イニシャルコスト、低ランニングコストで定点カメラのライブ配信を可能にしました。

施設駐車場のライブ配信

駐車場の混雑具合を訪問客にお知らせすることは、すでに顧客満足度を上げるためのサービスとなりつつあります。大きなショッピングモール以外にもさかな市場やスポーツ施設、フェリー乗り場などの駐車場でもご利用いただけます。

施設の混雑状況のライブ配信

スポーツジムやテーマパーク、美術館や動物園など、様々な施設をゆっくり顧客に利用していただくためにも混雑状況を配信することで混雑時間帯の緩和を促すことができます。
感染症対策のために密となる環境を緩和する事が出来るのもライブ配信のの良いところです。
逆にすいている時間帯をアピールすることも可能です。

観光地・テーマパークの広告に

ユーチューブのライブ配信システムをまるで野立看板の広告のように利用することも可能です。
世界中から見ることが出来るユーチューブに放置したままでコンテンツを作り出せるライブ配信をご利用ください。

工場や倉庫・サーバールームなどでのエリア警戒

立ち入り禁止区域にこのAI人検知システムを使うと、その区域に人が侵入したタイミングで管理者のLINEに映像通報を行います。
映像通報の良いところは、瞬時に泥棒か従業員かを見極めれるところにあります。

スポンサー制度もあります

観光地では、組合などによるスポンサー制のライブ配信も受け付けております。
観光地のメインストリートや名所をライブ配信し、その映像に持ち回りで広告を入れることで、集客と広告を同時に行います。組合でもレンタルは可能です。観光地にある旅館や銘菓の会社が手動しての導入もお手伝いが可能です。

防犯カメラ専門店の定点カメラ・ライブ配信システム「トリニティーライブ」

トリニティー・ライブ

弊社はもともと防犯カメラのメーカーでもあり、工事会社でもあります。
トリニティーは、製造から設置工事までを一元管理する中でお客様の声を参考に生まれたのがこの定点カメラ・ライブ配信システム「トリニティーライブ」です。
大きなコストをかけずにライブ配信サービスをレンタルすることができます。

我々は、定点カメラ・ライブ配信システム「トリニティーライブ」を低コストで自社開発し、中小企業のお客様にも大企業と同じレベルのライブ配信システムを気軽に導入していただけるように初期費用0円、月々15,000円~でご利用いただける価格帯となっております。

定点カメラ・ライブ配信システム「トリニティーライブ」の対応地域

弊社で直接、定点カメラ・ライブ配信システム「トリニティーライブ」をレンタル契約できる地域です。現在、地域拡大中です。

関東圏
神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県
関東圏での定点カメラ・ライブ配信システム「トリニティーライブ」はこちら
中部圏
愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・山梨県
中部圏での定点カメラ・ライブ配信システム「トリニティーライブ」はこちら

※ 物理的に設置やメンテナンス訪問に支障をきたす建物・地域はお断りする場合がございます。
また、ライブ配信システム「トリニティーライブ」は、ユーチューブなど配信サービス事業者のルールに基づいたライブ配信のみお申し込みを受け付けております。
ご理解の程、よろしくお願いいたします。

定点カメラ・ライブ配信システム「トリニティーライブ」についてのお問合せはこちら